Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マロリンダイアリー2018

1_2017071721072210b.jpg

【Naturkalender 2018】
7月になり、今年も半年を過ぎました。なんと、既に来年のカレンダーやダイアリーが販売されています!
早速恒例のマロリン・バスティンダイアリー2018を購入しました。

2_201707172107488ff.jpg

今回のダイアリーは薄塗りが多いように感じました。今年はサファリのメンバーは無く、身近な庭の仲間達といった感じです。
3_201707172108137b9.jpg

色合いも地味目で、華やかな絵柄というよりは、野草や小鳥など、素朴なものが多かったです。毎年買い続けて18冊目、近ごろはamazonでしか買えなくなってしまったので、早めに押さえています。

豪華なボックスの本

豪華なボックスの洋書を見つけましたのでご紹介します。
絵付けされたものばかりではありませんが、「GOLD BOXES」のタイトルを裏切らず、とてもゴージャスな作品ばかりです。お教室でご覧になった生徒さんも「うわっ」と驚嘆しています。

3_20170519221836eea.jpg 

2_20170519221835abf.jpg 

1_20170519221833179.jpg 

 このボックスたち、ほぼ全てが10cm以下の小さなボックスです。写真のほうが大きいのです。デザインの懲り方にも感心しますが、ともかくハイクオリティな仕事ぶりです。小さいもの・凝ったものがお好きな方にお勧めの本です。

 


アンティークテキスタイルの本

【ANTIQUE TEXTILE BOOK】

少し前に出版された和書で、素敵なテキスタイル本を見つけました。
1800~1900年のアンティーク生地デザインが沢山掲載されています。

正直、テキスタイルの本はごまんとあり、中にはちょっとガッカリな本も・・・。
この本の良いところは、何しろバラやブーケの意匠がメインな所でしょう。エスニック柄・モダンな柄はほぼ皆無です。特に、フレンチスタイルの生地がお好きな方には、自信を持ってお薦めします!

amazonでは一部の中身が読めるようになっていますので、気になる方はチェックなさって下さいね。

1_201704201622452ce.jpg

3_201704201622477a6.jpg

2_20170420162308f7f.jpg



工芸展で便利!単眼鏡

先日、庭園美術館に、並河靖之の七宝を見に行きました。思っていたよりも作品が小さくて、それはそれは細かく緻密なのです。迎賓館もすごかったですし、七宝素晴らしいです!

namikawa.jpg

先に行かれた生徒さんから、「とても細かいので、入り口で単眼鏡を借りるべき」とのアドバイスがあり、助かりました。長さ6センチで、首から下げて、ここぞという所でさっと覗くのです。82グラム、軽いです〜。

rupe.jpg

見終わる頃にはすっかり単眼鏡が気に入ってしまい、売店で購入しました。天体望遠鏡を作る有名な日本メーカー製で、今後も工芸の展示会で活躍してくれそうです。旅行先の教会や美術館巡り、お庭巡りにも携帯しようと思います。

あまり倍率が大きいと視野が狭いし重たくなるので、お店で試してこのサイズがベストだと感じました。しっかりしたケース付きです。



色が黒い方は10年前に発売された型番で、ケースが布製ですがセールになっていました。


大切な本にフィルムコートを

以前ご紹介したKPMの大型本ですが、購入した生徒さんから「背表紙が破れた。ショック。」とのご報告が。確かに、この重量を支えるには心許ない紙質です。
高い本なのに、これは大変です。透明のカバーフィルムで早速コートしておきました。

book2_20170317201010bbc.jpg

張り方は簡単です。本のサイズ+折り返し部分を10センチほど取って切り、空気が入らないようにぴったりと貼るだけです。張り方はシートの箱に、写真付きで解説してあります。

book_20170317201048331.jpg

黄色い→が破れた箇所です。やわな背表紙は、シートの余白も切らずに折り込んでおくといいです。
貼るのが不安な方は、小さな本で練習するか、前もって表紙・裏表紙・背表紙の3パーツにシートを切り分けて、各パーツごとに貼るといいですよ。
空気が入ったら、針でつついで空気抜きをすると綺麗に貼れます。

私はポーラコリンズ本など、海外の本の表紙も全てシールを貼っています。紫外線による退色も防止出来るので、本が傷む前に貼って下さいね!



*KPM本は価格の変動が大きいです。日本のamazonに1ヶ月おきくらいに入荷するので、
慌てて買わずに、焦らずにチャンスを待って下さいね。今月は22.400円で5冊出ていましたが、すぐに無くなりました。



教室で話題の筆入れ

fudeire.jpg

教室で流行中の筆入れをご紹介します。もともとは化粧筆を入れる合皮の筆入れなのですが、これが絵付けにも実に良い感じ。ネット通販をなさらない生徒さん分を、次々注文しています。特に良い点をあげますと、

1.軽くて薄い。115グラムでした。
2.合皮で布製よりしっかりしている。
3.20センチくらいの、長い筆も入る。
4.無料で金属プレートへのお名前入れのサービスがある。
5.ポケットが沢山ある(20あります)ので、筆が斜めにならない。

送料も180円とお安いので、とってもお薦めです。下記の楽天ショップで扱っていて、3日くらいですぐ送ってくれます。
2個買うと送料無料になるので、教室でまとめて注文でもOKな方はお知らせ下さいね。見本も置いてあります。




和柄の参考書のご紹介

【季刊紙 つくる陶磁郎】 
20年近く前に刊行された本ですが、お問い合わせがいくつかありましたのでご紹介します。

扇面をデザインしたプレートの制作手順をご紹介した号は、「つくる陶磁郎2(1998/3)」連載第2回の分です。amazonにバックナンバーがありました。
book.jpg 

 

 

「つくる陶磁郎4(1998/9)」では、竹を文様化したトレーの制作方法を掲載しています。
book2_201701231111405e3.jpg 

 

 

連載は「つくる陶磁郎1~4」全4回で終了しており、その後、書籍として刊行されました。雑誌とは別の内容になっており、絵付けの特殊技術や、洋絵付けで和柄を描くヒントが惜しみなく掲載された本です。私は能衣装とイングレーズのぶどうを担当しています。

book1_201701231112155d5.jpg 
book3_20170123111217cc1.jpg

 

ティーポットのカレンダー

cale1_20161230173934644.jpg 

cale.jpg 



【TEAPOT & TEA】 カレンダー

 前々から気になりつつも、何となく買いそびれていたティーポットのカレンダーです。ポットを中心としたテーブルコーディネートがされています。絵付けではない物もありますが、ちょっと贅沢な気分にさせてくれる写真ばかりです。
amazonの商品ページには、もっと詳細な写真が掲載されています。
 

KPMの豪華本

【The Golden age of the KPM】

今日ご紹介するKPMのご本・・・あまりに高額(約2万円)なので、表紙だけで購入して良いものか躊躇った一冊です。
思い切って買った感想はというと・・・大当たりです!
表紙になっている、アメリカンスタイルのような画風のKPMがお好きな方には迷わず購入される事をお薦めします!本当にすごいです!
ベルリンKPMの博物館で働いていた、Hassan Sabet Collection。カラー500ページ、厚さはなんと4センチ近くあります。19世紀末から20世紀初頭の、素晴らしい自然主義のポーセリンが惜しげも無く掲載されています。

5_20161211220831f62.jpg

4_20161211220829ed9.jpg

3_20161211220828b71.jpg


一生かかっても模写しきれないほどの作品群に圧倒されます。日本では、これほどのコレクションはそうそう拝見出来ないのではないでしょうか。アメリカンスタイルを学ぶ方々に、強くお勧めする1冊です。

注・amazonでは「予約受付中」とありますが、既に発売されています。高額な書籍ですので、ロープライスで海外からをお求めの際はご注意下さい(不着等のトラブル時に、英語でかなり揉める事になります・・・)。


ネイチャーカレンダー2017

【マロリン・バスティン ネイチャーカレンダー2017】

毎年恒例の「ネイチャー・カレンダー」2017のご紹介です。
1週間ごとに1枚のイラストを10年以上に渡って描き続けるのは、なかなか出来る事ではありません・・・
本当にすごい!と思います。
おなじみの小鳥や草花などの「ガーデンシリーズ」以外にも、今回も出ました!「サファリパーク編」。
ゾウやライオンも登場します。
個人的には、ハロウィンのページに並んでいる猫inカボチャがツボでした!

bastin1_20161026204703721.jpg

bastin2_20161026204722564.jpg

bastin3.jpg

amazonで購入出来ますが、他の本などと合わせて、合計2000円以上購入しないと送料無料になりません。



マロリンのカレンダーもお薦めです。ホールマーク製のものは日本の祝日で書いてあります。
こちらはamazonでなくても、書籍でもよく見かけますが、上でご紹介したダイアリーと一緒に購入すると
送料が無料になります。

caren.jpg

カントリーハウスの図説

【イングランドのお屋敷】〜カントリー・ハウス〜

ヨーロッパの建物やお城を描く時、写真を見ただけだと、構造がわかりにくい事があります。
省いてしまっていいものなのかわからなかったり、
変な出っ張りが何なのか、素材は一体??などなど。
そういった時に役立つのが、建造物の内部と外部構造の見取り図と説明の本です。

ご紹介するご本は、建築に全く知識が無くても十分楽しめる本です。
実際に絵付けで重要なのは、外観についての説明なのですが、
個人的に面白かったのは、部屋のどの位置が貴賓室なのかの見分け方や、
厨房設備の図解、暖炉の構造などでした。

「この部屋は使用人の部屋だな」「ここは晩餐会用だな」とわかって描く方が、
制作も楽しいものです。お屋敷読本としてもお薦めです。
カントリーハウス以外にも、教会や内装のシリーズがあります。

b1_2016092021274209b.jpg

b2_20160920212758e40.jpg

b3_201609202128149d9.jpg





図録・アールヌーヴォーの装飾磁器

【図録・アールヌーヴォーの装飾磁器】

2016年7月6日〜8月31日、三井美術館で開催された展示会の図録をご紹介します。
一見マットで真っ白な表紙ですが、全体に紙を押したレリーフが施されています。
本そのものが、ビスク生地のよう・・・。

book1_20160814203559408.jpg

展示作品は、全体に落ち着いた色合いです。ビングオーグレンダールがお好きな方にはとってもお勧めです。
マイセンやKPMも出ていますが、バラの花や豪華な写実絵を期待すると、肩すかしかもしれません。

book3_20160814203906e8e.jpg

和菓子のような、しっとりとした作品が多いです。それでいてデザイン性が高く、いずれも素晴らしい作品ばかりでした。
長崎歴史文化博物館、細見美術館と巡回するそうなので、お近くの方は是非!

book2_20160814204629ece.jpg


マリーアントワネットの豪華な本

b1_20160603212151b80.jpg

洋書店で素敵なご本を見つけました。大きさはB5ほどで小さめですが、立派な金のエンボス付き外箱にノックアウト・・・。
マリー・アントワネットゆかりの肖像画やインテリア品、お部屋やファッションを、豪華な写真で紹介しています。

洋食器や調度品はゴールドワークが素晴らしいです。金盛りの参考にもなりそうです。ポートレートを描かれる方には、勿論肖像画の参考にも良いと思います。

b2_2016060321225424b.jpg

b4.jpg

amazonで検索したら、なんと私の購入額の半額近い金額ではないですか(泣)。まあ、致し方ありません・・・そのくらいの価値があるご本です!



↓同じ装丁のシリーズ本です。本棚に揃うと圧巻でしょう。





キューガーデンの所蔵品図録

b3_2016040712511587b.jpg

b2_2016040712511322c.jpg

【キュー王立植物園所蔵イングリッシュ・ガーデン】

先日ブログでご紹介したキューガーデンの展示会図録がamazonでも販売となりました。
全部がボタニカルアートではないので、速絵付けの参考になるページばかりではありません。
ですが、古い銅版画からモリスパターン、当時珍しかった女性画家による各国の風景画など、
大変読み応えのある内容です。

世界遺産にも登録されている、世界で最も有名なキューガーデン。
所蔵品も流石に一流品ばかりなので、
ボタニカルアートに興味のある方にはお勧めのご本です。




リモージュのバラ洋書

【Living with Limoges】

リモージュで制作された、主にバラの器を掲載している本です。
出版されたのが2001年なので、やや古めな写真が多いのが残念ですが、
230ページ全てがカラーです。

中には「え、雑!?」的な器もあったりしますし、
写真も素人っぽいものも多いのですが・・・
アメリカンのバラを描きたい方には、構図や色使いなど
ヒントになる作品も多いと思います。

作品所有者の豪邸画像も多く、海外で絵付け作品が
どのように飾って楽しまれているのかも垣間見る事が出来ます。
(写真がイマイチなのが、返す返す残念です・・・)

l1.jpg

l2.jpg

l3.jpg

書籍は全部で3種類ありますが、下記のタイプが絵付けの参考になりやすい写真が多いと思います。






ゆるい猫のイラスト絵本

cat1.jpg

cat2.jpg

【みみずくと3びきのこねこ】

少し古い絵本をご紹介します。
線描きイラストで、猫とみみずくの生活が描かれた絵本です。
農場の仲間達を描いた本ですが、特に猫がよく描けていて、猫好きの生徒さんから絶賛されています。

とても簡素な絵なのですが、実によく「猫らしさ」が出ていて、大好きな絵本です。
絵付けにするのも、線描きをしてから塗り絵の要領でラフに塗るだけでとっても簡単で、
私も普段使いの食器にいくつか描いています。

洋書版は発行年度が古すぎて入手が難しいので、和書のコンディションが良いと思います。



同じ作者の「かえでがおか農場のなかまたち」もお勧めです!
馬や犬、にわとりや羊が個性豊かにのびのびと描かれています。
こちらも相当に古い本なので、和訳本が良いと思います。
コンディションが「可」な本は相当に古いものが届くと思われますので、
備考欄をよく読んでご購入下さいね。

cat3.jpg

seep.jpg




2016年絵付けにお勧めカレンダー

年末が近づいてきましたが、来年度のカレンダーはお求めになりましたか?絵付けにも役立つカレンダーをご紹介します。

【マロリンバスティン ホールマークカレンダー】日本語版

m2_201512202202412e6.jpg
m1_20151220220240cc0.jpg

毎年おすすめする、マロリンバスティンのカレンダーです。中でもホールマークから出ている壁掛け(大)はリングタイプの正方形で、とても使いやすいです。ブーケのイラストが素敵!
結構あちこちで見かけますので、まずはお近くの書店をご覧になるといいかもしれません。



↓楽天で買っても送料無料でした。



【フロンティア ボタニカルアートL】日本語版

c2_20151220220321ca0.jpg
c1_201512202203197f7.jpg

ややクリームがかった高級感のある紙に、写実的なお花が描いてあります。小さいサイズもありますが、Lが絵の細部まで見れるので、断然お勧めです!
こちらはamazonで送料無料の扱いがありました。



【Lansdowne's Birds 2016 Calendar】英語版

以前画集を買ってしまった方には重複するのでお勧め出来ないですが、まだの方にはお勧めの鳥カレンダーです。なんと値引きセール中でした!


ロイヤルコペンのクリスマスセッティング

【christmas tables by Royal Copenhagen】

今日ご紹介するのは、ロイヤルコペンハーゲンのクリスマステーブルの写真集です。直接絵付けに役立つ本ではないのですが、流石本場といいますか、テーブルコーディネートの格が違います。すごいご本です!

co1.jpg

co2.jpg

co3.jpg

大型本で高価ですが、その価値は十分にある素晴らしい写真の数々です。特に、テーブルコーディネートやセッティングに興味のある方には一押しのご本。
時にはセッティングを先にイメージしてから、それにふさわしい器の制作にとりかかってもいいかもしれませんね。

ネイチャーカレンダー2016

m1_201510032026313ae.jpg

m2_20151003202632caf.jpg

m3_20151003202634ca0.jpg

【ネイチャーカレンダー2016】

毎年恒例、マロリン・バスティンのリング本型カレンダーです。
1週間に1枚ずつの水彩画で、おなじみの鳥や小動物、庭のお花がメインです。

今回面白いなと感じたのは、2月に登場するサファリな大型動物です。
キリンやゾウ、ヒョウやカバ、ライオンが、マロリンらしいほんわりしたタッチで描かれています。
過去のカレンダーを何冊も持っていて最近は購入していなかった生徒さんからも、
「今回のは買おうかな」と、高評価を受けています。



365日分バラの写真集

rose1_201509021054135ef.jpg

rose2_2015090210541540a.jpg

【365 Tage Rosengluck】

絵付けの本ではなく、バラの写真集です。1月1日から365日に渡り、バラの花やお庭など、バラずくしの見応えのある1冊です。なんと厚さ5cm以上!

バラのアップ写真は勿論、バラを使ったブーケやお庭も、イングリッシュガーデンで素敵なのです・・・中には春と冬を全く同じアングルで撮影しているページもあり、絵付けをなさらない方でも、ガーデニングやバラ好きな方には満足度の高い内容です。たまに、バラを使ったお菓子やキャンドルも載っていて、飽きの来ない構成になっています。

amazonにも取り扱いがあったので掲載しておきます。「なか見!検索」で他のページもご覧いただけます。バラ以外の植物を掲載した姉妹編の本もありますが、こちらはやや参考になりにくい写真が多く感じました。







マイセンの図案集

【Bunte Blüten-Blase Schwerter】
マイセンカレンダーをご覧になった事がある方にはおなじみの、マイセンのお花の素描集(画帳)です。ほとんどのページの絵は絵付けではなく、水彩で写実的に描いたお花になります。

マイセンでデザイン化される前の、画帳の絵が沢山載っています。元になったお花の姿を把握するのは、制作に際し、とても大事だと思います。
ドイツ語のみの表記なので文章はわからないのですが、マイセン様式のお花を制作している方に特にお勧めの本です。参考価格3000円。嶋田洋書で取り扱いがあいます。

m1_20150813094641ed0.jpg

m2_201508130946434fd.jpg

m3_20150813094644744.jpg

自費出版の絵付け本・その1

2015年9月中旬にに閉店する嶋田洋書に取り扱いがある、入手が困難な絵付け関連書籍をご紹介します。
もしかすると、既に売り切れかもしれませんが、通販でお求めの際に参考になさって下さいね。

【LE DECOR PEINT~PORCELAINES DE NYONのシリーズ&CAHIERS DES PORCELAINES D'ART SCHIRA,LAUSANNE】

元値は7千円強のもので、紙製のファイルに8枚のシート図案が入っています。
昔はスイスやフランスへ出向かないと購入出来ず、一昔前は、このシリーズを持っているだけで自慢!!でした。
王道ヨーロピアンスタイルのパターン集で、ヨーロピアンの原点的な品です。色々な本があるけれど、結局はこれに戻るのよね・・・とおっしゃる大御所の先生もいらっしゃいます!
元々は種類が多いのですが、かなり在庫が減っていました。参考価格・1800円。

1_20150730213335707.jpg

3_201507302133383f1.jpg

2_20150730213337362.jpg

【THE KLEIN DESIGNS ~ FLOWERS 2と3】
次にご紹介するのは、こちらも入手困難なイタリア、HOBBYCERAMシリーズです。勿論、amazonじゃ買えません。
アメリカンスタイルに多大な影響を与えたクラインの絵ですが、書籍としては残されておらず、出回っているのは、個人所有のアンティーク絵はがきをまとめた自費出版本のみです。100年前の絵なので、やや黄ばんだ色合いですが、私もよく参考にしています。

No.2はバラ、カーネーション、チューリップ、デイジーなど。
No.3はポピー、すみれ、コーンフラワー、その他野草です。
A4サイズ47P、参考価格3000円(←私は昔、倍以上の価格で買いました・・・。。)

4_20150730213456cf3.jpg
5.jpg
6.jpg

石の図鑑

book1_20150621173020814.jpg

book2_20150621173022632.jpg

【不思議で美しい石の図鑑】


この本は絵付けの本ではなく、瑪瑙や鉱石の断面を写真にした図鑑です。
世界各地の石が、その石がどのようにして出来たかや、産地による差を解説しながら掲載されています。
大きさはA4より少し小さくくらい。
写真がどれも大変に美しいです!そしてその、とても考えつかないような色の組み合わせと文様に目を奪われます。

よくある鉱物や宝石の図鑑は石の外観が載っていますが、この本は基本的には写真のような切断面です。
ラスター作品やモダンな意匠の作品を手がけているペインターに、大きなインスピレーションを与えてくれると思います。

book3_201506211730233fa.jpg

個人的には上の「風景石」の特集ページが気に入っています。
まるで廃墟か、湖を思わせる文様は、ビングオーグレンダールの風景シリーズを彷彿とさせます。
和書にしては高価ですが、凝った装丁のお勧めの1冊です。

不思議で美しい石の図鑑


らくやきマーカー

少し前に話題になったそうなのです。
「らくやきマーカー」。
お教室ではちっとも話題に出なかったのですが、皆さん周知の事だったのでしょうか・・・

ejapan_133789.jpeg

らくやきマーカー、作品の数々集まとめリンク

商品そのものは昔からあったように思いますが、メディアのちから凄しです。
2度焼きしたり、お使いの皆さん、少ない色数ながら工夫して、がんばってらっしゃいますね!

200度の家庭用オーブンで焼くと定着するそうですが、たとえば・・・。800度で焼いたら、どうなるんでしょうね?

*一応商品リンクは下記に付けますが、口につく場所や、直接食品を乗せる所へは描かない方が良いと思います。お求めになる方は気をつけて楽しんで下さいね。



分室技術講習会のレフ版

【撮影用レフ版】

陶画舎で2015年1月末に行われた分室技術講習会で使用したレフ版のご紹介です。
「作品を綺麗に撮るテクニック」で使用した道具で、マグカップや花瓶といった立ち物の撮影時、影になる箇所にレフ版の光を当てて作品を明るくする為に使います。

3_201504070936246b8.jpg

昨年もブログでご紹介したアイテムですが、陶画舎通信のvol.56にもレフ版を使った講習会の様子が写真で掲載されているので、購入先をリンクしておきます。
直径は各種ありますが、あまり大きくても小さすぎても使いにくいみたいです。

PLATA 撮影用品 【 58cm / ホワイト 】 丸 レフ板 シルバー PT6681



↓こちらは送料込みです。


デミタスコスモス展のカタログ

【デミタスコスモス展の図録】
三井住友美術館で先週から始まったデミタスコスモス展に行ってきました。
数年前、ブログでご紹介したお勧め書籍に収録されているC&S、約300点を間近で見る事が出来る展示会です。超お勧め展示会です。



↑確か一時は1000円を切っていたはずが、中古で大変な価格になっています・・・!が、今回の展示会用に作られた図録にほぼ網羅されていますので、お持ちで無い方も安心です。

cst.jpg

展示されているのは、小さなアンティークのデミタスカップたち。おなじみのマイセンやKPMは勿論ですが、今回特に目を引いたのは、豪華な金盛りの装飾と、果物や風景のロイヤルウースター群でした。
cs.jpg
cs2.jpg

図録の取り寄せも出来そうですが、これは是非実物を見るべきだと思いました。ともかくクオリティが高いです!写真ではわからない色使いや、焼成手順を学ぶ上でのヒントが沢山勉強出来ます。

まだ始まったばかりの展示会ですが、物が小さいので、混雑しないうちに早めに見に行かれた方が良いと思います。
あと、眼鏡類必須です・・・私は何度も、保護のガラスにおでこをぶつけました(ゴンと鳴りました・・・)。

会場の詳細は「展示会案内」に掲載中です。割引きクーポンもお忘れなく!
三井美術館のサイトはこちら

生き生きとした鳥の画集

bird2_201501202131004bc.jpg

bird_201501202130408c9.jpg

【J. Fenwick Lansdowne】
昨年末ご紹介した鳥のカレンダーですが、画集を取り寄せました。少し高かったので表紙買いが心配でしたが、値段に見合った素晴らしい本でした・・・!
厚さ2,3cmのマットな紙質の表紙です。写真のような小鳥のほか、猛禽類や水鳥、大型の鳥類も収録されています。
緻密でありながらぬくもりや柔らかさもある絵で、鳥への愛を感じます。

年明けに在庫切れを起こし、1万円以上に高騰していました(今年のカレンダーも既に倍の価格になっています)。過去のカレンダーと重複した絵がほとんどなので、迷っておられる鳥好きには画集がお勧めです。

*日本のamazonは取り扱いが無く、イギリスからの輸入となります。

精緻な鳥のカレンダー

bird2.jpg

bird3.jpg

【Lansdowne's Birds 2015 Calendar】

amazonでジャケ買いしたカレンダーが大当たりだったのでご紹介します。
大判の鳥のカレンダーです。LANSDOWNEという作家のイラストです。
小鳥や水鳥が、とてもきっちりと描かれています。
今にも飛び立ちそうな動きのある鳥が、生き生きと描かれています。

また、この作家は植物もとても上手です。余白の余韻が和を感じさせます。
緻密に描かれた鳥好きにお勧めのカレンダーです。
画集も注文していますので、届いたらまたブログでご紹介しますね。


ボタニカルアートカレンダー

1_20141125213047ca5.jpg

3_20141125213049b07.jpg

2_20141125213048c38.jpg

【安藤牧子ボタニカルアートカレンダー2015】

昨年度画集を出版された、植物画家安藤牧子先生のボタニカルカレンダー。約30cm四方の見応えのあるカレンダーです。
丁寧な絵のは勿論ですが、ちょっとした所にテントウムシがいたり、構成も心憎い作りです。
個人的にはスプレー菊が実感があり、好きなページです・・・つぼみやずらりと並んだ花心など、本当によく観察されてらっしゃるなあ、と感心するばかりです。

北海道以外では入手が難しいので、ご興味のある方は安藤先生のブログ↓から購入のお申し込みが可能です。カレンダー以外にも、クリアファイルやカードもお勧めです!

http://isikarihanakikou.at.webry.info/201411/article_1.html

フラワーカレンダー2種

早くも11月が近づいてきたので、絵付けに役立ちそうなカレンダーを買いました。
以前は海外製のカレンダーを多く買っていましたが、
やはり日本の祝日がわかる方が、紛らわしく無くてよいですね。

f1_20141022214322133.jpg

f2_2014102221433748e.jpg

まずは、昨年も購入した「フラワーパラダイス」。
サイズは色々ありますが、LP版を購入しました。
色使いのとても綺麗な花がいっぱいです。
添え花の力の加減もよいです。

m1_20141022214407c23.jpg

m2_201410222144203ad.jpg

次はマロリン・バスティンのカレンダーです。
ダイアリーは鳥の絵が多いですが、ホールマークのカレンダーは
ブーケや草花がほとんどです。こちらも、ほっとする色使いで和みます。

ご紹介した2つのカレンダーは文具店や書店でも取り扱いがありますが、
amazonで送料無料で送ってくれるので便利です。



Appendix

プロフィール

たびねこ

Author:たびねこ
OVERGLAZE管理人による、絵付け書籍のご紹介ブログです。
http://overglaze.net/
ご紹介している本は全て購入しています。チャイナペインティングの本は専門書で絶版になると再版されにくいので、気になるご本は早めに確保して下さいね~!
アフィリエイトになっておりますので、ブログ経由でご購入いただけると助かります。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。